ハロウィン仮装の為に衣装とか手作りする前に、もっと作るべきものがある。

この記事は4分で読めます

53799_7_600
どうも。
おーうちです。

あなたは、ハロウィンで仮装とかするタイプですか?
僕は1回もした事無いんですが、見るのは、結構好きですね。

ちっちゃい子どもとかが、
カボチャになったり、魔女になったり、天使になったり…
そういうの見るの、マジたまんないですよね。
(もちろん、大人の仮装も、たまりませんが。笑)


そんな1年に1回のハロウィンというイベントによって、
人々は色んなものに仮装をしたりしてるわけですが。

でも、最近思うんですが、
仮装してるのって、別に1年に1回じゃない様な気がするんですよね。。
みんな。

僕から言わせれば、みんな、年がら年中、仮装してる。
そう思うんです。



何を言ってるのかと言うと。



まず「仮装」って言葉の意味を考えてみると、
「本当の自分じゃない誰か(何か)に扮する(よそおう)」
みたいな意味ですよね。

「本当の自分じゃない誰か(何か)に扮する」
これって、別にハロウィンのときだけじゃなく、
普段から毎日みんなやってる事じゃないかなって思うんです。

言い換えれば、
普段からみんな仮面を被って生きている。ってことです。

僕は普段、普通に会社でサラリーマンとして働いていますが、
周りを見て、ちゃんと「素」の自分を出してる人ってどれだけいるかな?
って考えると、

僕が見る限りでは、ほぼゼロに等しい。

みんな上司の顔色を伺って、YESマンになってるし、
上司は上司で、部下に嫌われない様に、過剰に気を遣ったりしてるし、で
みんな、自分の立ち位置が脅かされるんじゃないかって、
ビクビクしながら生きてる気がするんですよね。

いや、もちろん、相手の事を考えて、
嫌な思いをさせない様に振る舞う
ってことは大事な事だと思いますよ。

大事だと思いますが、それで自分を押し殺すってのは、なんか違う気がする。

自分を押し殺してまで、人に気を遣う必要なんて無い。
僕はそう思います。
だって自分を押し殺すのって、とても辛いことですから。


でも、これを聞いて、もしかしたら、

「そんな事言ったって、素を出したら、
 まわりに迷惑かかるんじゃないか…。嫌われるんじゃないか…。」

と、あなたは、思うかもしれません。



いや、良いんですよ。
迷惑かけたって。嫌われたって。

って言ったら、もの凄く反発をくらいそうですが。笑
でも、僕は、素を出さないよりは、まだそっちの方が良いと思ってます。

だって、そもそも、仮装したからって、
それらが解消するわけじゃないですから。


例えば、
会社に、YESマンに仮装してるAさんがいたとしましょう。

じゃあ、Aさんのまわりの人達は、Aさんの仮装によって幸せなのか?
ってことを考えると、僕は必ずしもそうじゃないと思うんです。

もちろん、YESマンでいれば、
毎日、何事も無く、平和で、
大きな争いごとも無く、ただただ平穏に時が流れる。。。
それはそれで幸せな事かもしれません。


でも。


逆に、Aさんが素を出さない事によって(YESマンになってる事によって)、
良くない事も当然起こってるはずです。

例えば、会議とかでAさんは自分の意見を言わず、
「おっしゃる通りです。おっしゃる通りです。」
を連発してたら、…

何の議論も起こらないわけですから、
その会議の「質」は驚くほど低くなりますよね。

Aさんが、何か意見を言っていたら、
もっと活発な議論が行われて、凄く良いアイデアとか、
凄く良い結論が出たかもしれないのに、

Aさんが、自分を押し殺した事によって、
それらが出ないわけです。

それって、明らかに、悪影響ですよね。


で、「あいつはいつもYESしか言わない。」
と陰口を叩かれたりする。。


そんな風に考えると、
AさんがYESマンに仮装してるのは、必ずしも
まわりの人たちの為になってる、とは言えないわけです。

Aさん自身も自分を押し殺してるわけですから、
Aさんにとっても、あまり好ましい事ではない。
陰口も叩かれるかもしれないし。


まわりの人に気を遣って、仮装したって、
それが本当にまわりの人達を幸せにするとは限らないし、
自分の為にもなってるとも限らないんです。


それなら、自分を押し殺すよりも
まだ「素」でいた方が良いよね。ってことです。

だって、どうせ、どっちにしたって、
良い面、悪い面はあるんですから。絶対に。





でも!!!


僕が言いたいのは、

『周りの事とか考えずに、とにかく「素」で生きれば良いんだ!』

って事ではないんです。



「素」を出しちゃいけない事もある。

だって、「素」を出すって、
少なからず「自己チュウ」の要素がありますから。

明らかに周りに迷惑がかかるって分かってる場面で、
素を出すのはやっぱり違う。。




「おーうちさん、さっきから何言ってるんですか?
 素を出した方が良いの?出さない方が良いの?」

と思うかもしれません。




いや、僕が言いたいのは、
つまるところ、

「自分が”素”を出す事によって、
 “自分”と”世界”、両方がHappyになる場において、素を出しましょう」

ということなんです。



別の言い方をすると、

「自分の”わがまま”によって、
 みんながHappyになるような環境(コミュニティ)を作って、
 そのコミュニティで、しっかり”わがまま”に生きましょう」

ということです。



例えば、
「オレは、マジックがしたい!マジックを教えたい!」
という、わがままな思いがあったとしましょう。

でも、それを会社というコミュニティで、
やるのは明らかに違うわけです。

「そんな事してないで、昨日頼んだ書類さっさと作れ、バカ。」
となるわけです。

でも、
「マジックが上手くなりたい」って言う人を集めた
「コミュニティ」でそれをやるなら、
自分もメンバーもみんなHappyになるわけです。

逆に、そのコミュニティで、
会社の書類とか作ってたら、
「何してんだ、バカ。さっさとマジック教えんかい!」
となるわけです。

だから、僕らは、
「素」の自分を出すべきではあるんですが、
あくまで、それによってみんながHappyになる場(コミュニティ)で
それをやるべきなんです。

そうでないと、ただの自己チュウ野郎になってしまいますから。


「自分」と「世界」、どちらもHappyになる。
あくまで、そうなってることが大事。


「じゃあ、そういう環境を作るには、どうすれば良いんですか?」
ってなると思いますが、

僕は「ビジネス」を学ぶのが一番手っ取り早いと思います。


「ビジネス」を学ぶって言うのは、
もの凄く平たく言えば、

・ブランディング
・コピーライティング
・マーケティング

この3つを学ぶ事です。

「ブランディング」を学べば、自分のわがままをコンセプトにできる。
「コピーライティング」を学べば、そのコンセプトを正しく伝える事ができる。
「マーケティング」を学べば、人を集める事が出来る。


つまり、「ビジネス」を学べば、
自分の「わがまま」によって、みんながHappyになるコミュニティ
を作れるってことです。

しかも、それは、そのままビジネスになる。
(つまり、それによって、お金が稼げる。)


例えば、
「マジックを学びたい人集まれー」って言って人を集め、
「○○円で人数限定のマジックの直接指導します」とかやったら、
ビジネスになりますよね。


いやいや、そんなセコい事しないで、無料でやればいいじゃん。

って思うかもしれませんが、
僕は、お金を取った方が最終的には絶対相手のためになるって思ってます。
だって、お金を払う事で、相手も「絶対に習得してやる!」って気持ちになりますから。

それに、無料でやると、人が集まりすぎて、
そもそも企画自体が破綻したりってこともありますし。


まぁ、それはともかくとして、
僕が言いたいのは、ビジネスを学んで、

自分の「わがまま」によって、みんながHappyになるコミュニティを作りましょう!

ということです。


そうすれば、自分はわがままに生きるだけで、
みんなHappyになりますから。
(そして、ついでにお金も稼げる)


あなたのわがままによって、Happyになる人達は、
この世に沢山います。

あなたの「わがまま」を求めてる人がいるんです。

だから、その人達を集めて、コミュニティを作り、
あなたは、わがままに生きましょう。

そうすることが、
あなたにとっても、世界にとっても、一番幸せな事なんですから。


仮装するのは、1年に1回で十分。
普段は「素」の自分でいられるようにする。


という事で今日はこの辺で。
では。


次回:学園祭の出し物で一番儲かるモノとは…




ーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、残業地獄のサラリーマンながら、
副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、
紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。

こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、
今はアフィリエイトを本業として活動しています。

今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、
という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、
パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、

「とにかく、やれば誰でもできる」

ということです。

要は「やるかやらないか」の世界だということですね。

もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、
始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、
やったもん勝ちですよ。まじで。

僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語
ーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ancc_img
  2. main_image
  3. DSC_0232
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



大内真哉

僕は、残業地獄のサラリーマンながら、副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。


こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、今はアフィリエイトを本業として活動しています。


今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、 という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、 パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、


とにかくやれば稼げる


ということです。


要は「やるかやらないか」の世界だということですね。


もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、やったもん勝ちですよ。まじで。


僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

>>>残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。