みさえはセールスの本質を分かってる。

この記事は4分で読めます

どうも。
おーうちです。


今日はみさえが教えてくれたセールスの本質について、
お話していきます。




「あ!これ捨てちゃダメよー」


これは、クレヨンしんちゃんの「みさえ」が、
とある場面で言った言葉です。



その日は、休日で、
しんのすけの父、ひろしも会社が休みでした。

で、ひろしは、何となく目をやった玄関の傘立てが、
ビニール傘で大量に埋め尽くされているのを見ます。

それを整理するように、みさえに対して文句を言いますが、
「あなたがやってよー」と言われ、
結局、ひろしが傘立ての整理をすることになってしまいます。

そして、庭で、
「捨てる傘」と「捨てない傘」に分けて、それぞれ束ねていると、

みさえが、捨てる方の束にあった、
ある「青いボロボロの傘」を見て、こう言ったのです。


「あ!これ捨てちゃダメよー」


ひろしが、「なんで?」と聞くと、みさえは
「覚えてないの?ほら〜知り合ってすぐの頃…」
と、回想シーンになり、

若かりし頃のみさえが会社帰りに、
雨に降られ傘がなくて困っているところに、

ひろしが「みさえさーん!ちょうど通りかかったもんで」とか言いつつ、
2人は、アイアイ傘をして、赤くなりながら、駅まで歩いていく…
(回想シーン終了)


そんな思い出を「青いボロ傘」を見て思い出し、
ひろしとみさえ、2人して赤くなり、ちょっとラブラブモードになる。


そんな話でした。



で、僕は、この話の中の、冒頭で書いた「みさえの一言」を聞いて、
「セールス」における「非常に重要な考え方」を教えてもらいました。


それは何かというと、


モノ自体ではなく、そこに含まれる「情報」にこそ価値がある


ということです。



みさえが「捨てちゃダメよー」と言った傘は、
誰がどう見てもただのボロ傘でした。

普通に考えたら、何にも価値を持たない傘です。

しかし、みさえにとっては、
その傘は決して捨てることの出来ない貴重な傘だったわけです。


なぜ、そんなことが起こるのかというと、
僕たち人間は、「モノ」単体に価値を感じているわけではなく、
そこに含まれる「情報」もセットで価値を判断しているからです。

もっと言ってしまえば、
「価値」を支えているのは、物理的な「モノ」ではなく、
頭の中にある「情報」だということです。


例えば、「ハサミ」は、
紙を切ったりするのに便利な道具です。

ですが、もし、僕らに、
「ハサミは、紙を切る為のモノ」という概念がなければ、
あんなのはただの危険な物体に過ぎません。

価値があるどころか、
「危ないから、どっかに捨てちまえ」
となるわけです。



これは別に「モノ」に限った話ではなく、
人間関係などにおいてもそうです。

例えば、あなたが男だったとして、
ある女の子(「なっちゃん」としときますか)を、
今までは全然 気にもしていなかったけど、ある時、友達から、

「なっちゃんって、おまえのこと好きらしいぜ。」

ということを聞いて、その日から何となく目で追うようになり、
気付いたらなっちゃんのことを好きになってしまっていた。。

みたいな話、よくあるじゃないですか。


これも、別に「なっちゃん」自体は、
さっきのうわさ話を聞く前と聞いた後では何も変わってないわけです。

変わっていないのに、
「なっちゃんはあなたのことが好き」
という「情報」を知った事により、あなたは、
なっちゃんのことを好きになってしまった。
(今はあくまで「例えば」の話ですが、そういうことってよくありますよね。)

つまり、「情報」によって、あなたの中で、
「なっちゃん」の「価値」が上がったということです。





あとこれも有名なやつですが、面白い実験で、
お医者さんが、ただのラムネ菓子を、
「これは風邪に非常に効く薬」と、
風邪の人に渡して飲んでもらうと、本当に風邪が治ってしまう。

みたいなやつがあるじゃないですか。(プラシーボ効果)


これも同じ話ですよね。

「ラムネ」はただの「ラムネ」でしかないのに、
別に風邪に効くナントカ成分が入ってるわけでもないのに、
風邪が治ってしまう。

それは、「お医者さんが風邪に効く薬と言っていた」という
「情報」によって、そうなるのです。



とにかく、モノの「価値」を決めるのは、

「情報」

だということです。


で、更に言うと、
これは僕らセールスをする人間にとっては、
こう解釈することもできます。


「価値」は、「情報」によってコントロールが可能。


で、僕はこれこそが、
「セールスの本質」だと思っているわけです。


「セールスの本質」は、
「情報による価値のコントロール」です。


だって、「価値」なんてものは、
人によって感じ方は違うわけじゃないですか。

だから、コントロールする必要があるんですよ。

なんかコントロールって言うと洗脳みたいな響きがあって、
誤解を招きそうですが、

そういう変な意味ではなく、
純粋に「価値を正しく伝える力」という感じです。

ま、もう少し正確に言うなら、

「情報」によって「価値」を” 最大化 “する力。

ですね。


さっきの例でいえば、
「ハサミ」を、ただ「紙を切る為のもの」として売っても、
別に間違っているわけではないですが、ちょっと弱いですよね。

そうじゃなく、

例えばですが、「切り絵」を始めたい人を集めて、
「初心者でも簡単に簡単にできる切り絵 教えます」
みたいなのを無料で公開したりして、

それを教え終わった後に、そこにいる人たちに、
「切り絵をやるのに一番使いやすいハサミはコレです」と言えば、
「必然的に」そのハサミは、一定数、売れていきますよね。

「ハサミ」を「ただのハサミ」として売るのではなく、
「初心者でも簡単にできる切り絵」を教えた後に売ることで、
そこに集まった人たちにとっては、
そのハサミを使うことが楽しみで楽しみで仕方なくなったりするんです。

単純に、ただのハサミとして売った時よりも、
買い手にとっても確実にその商品の価値は高まってますよね。
(手に入れた後のHappy度は高まってますよね)

こんな風にして、
商品の価値を「最大化」したりするんです。


「情報による価値のコントロール」や「情報による価値の最大化」とは、
別に、「騙して売る」とかそういうことではなく、
純粋に”相手にとって”商品の価値が最大化するように、
「有益な情報」を与える、ということです。

相手のことを思いやり、
その結果として、必然的にモノが売れる。

ということです。



ということで、色々話してしまいましたが、
今日伝えたかったことは、

「セールスの本質」は「情報による価値のコントロール」

です。


色々ハサミの話とか、みさえの話としましたが、
「セールスの本質」は「情報に夜価値のコントロール」
とにかく今日は、これだけ覚えてもらったらOKです。




それでは今日はこの辺で
また次回。


次回:充実した人生とは





ーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、残業地獄のサラリーマンながら、
副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、
紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。

こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、
今はアフィリエイトを本業として活動しています。

今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、
という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、
パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、

「とにかく、やれば誰でもできる」

ということです。

要は「やるかやらないか」の世界だということですね。

もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、
始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、
やったもん勝ちですよ。まじで。

僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語
ーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 191243752030
  2. KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
  3. 投資
  1. I have exactly what info I want. Check, please. Wait, it’s free? Awseome!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



大内真哉

僕は、残業地獄のサラリーマンながら、副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。


こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、今はアフィリエイトを本業として活動しています。


今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、 という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、 パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、


とにかくやれば稼げる


ということです。


要は「やるかやらないか」の世界だということですね。


もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、やったもん勝ちですよ。まじで。


僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

>>>残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。