お前の手はトイレの便座以下だ!

この記事は6分で読めます

どうも。
おーうちです。

ある方から、

「おーうちさんのメルマガって、
 どんなことやってるんですか?」

的なこと聞かれので、
1つ例としてここに載せておきますね。

とりあえず、こんな感じのメールを
毎回読者の方に送らせて頂いてます。



↓↓↓以下、「こんなメール送ってます」っていうのを1つ例として↓↓↓
↓↓↓載せておきます(結構、長いです)↓↓↓


こんばんは。
おーうちです。


前回は、「ビジネス脳」を作る為の1つ目の思考ということで、

『行動意識』

についてお話ししましたね。


どうですか?
行動してますか?


もし、「まだ何も行動してません…」って場合は、
早いうちにとりあえず動き始めちゃって下さいね。
(オススメはPPCアフィリエイト)


それでは、今日は、
ビジネス脳を作る為の3つの思考のうちの
「2つ目の思考」についてお話ししていきます。



「ビジネス脳」の2つ目の思考、それは、…

『繋げる思考』

です。




「繋げる思考」とは何かというと、
一見すると全く関係になさそうに思えるものを繋げてみる、
という思考です。

多分これだけだと何言ってるか分からないと思うので、
もう少し詳しく解説します。


僕らは、ビジネスをやっている訳ですから、
あらゆるものを「ビジネス」に繋げていく、
ということが大事になってきます。


例えば、
「恋愛」と「ビジネス」を繋げてみたり、
「マジック」と「ビジネス」を繋げてみたり、
「テレビ」と「ビジネス」を繋げてみたり、
「友達との会話」と「ビジネス」を繋げてみたり、

…と、とにかく何でもかんでもビジネスに繋げて考えてみるのです。


これは別に、
恋愛系の商品を売りましょう! とか、
マジックの商品を売りましょう! とか、
そういうことではありません。



「ビジネスに活かすんだ!」っていうマインド、

と言った方が分かりやすいかもしれません。



「あらゆるものからビジネスのヒントを得る」


というマインドを持ちましょう、ということです。



例えば、
「テレビ」を見るとしたら、…

CMをただ ぼーっと見るのではなく、
「この(CMの)商品、アフィリエイトしたら売れるかな?」
と考えてみてみたり。(ASPで探してみて、あったら売ってみる)

ドラマとかアニメなら、ただの娯楽としてだけ見るのではなく、
ストーリー構成について研究してみて、メルマガに活かしてみたり。

「ジャ○ネットたかた」の番組がやってたら、
セールステクニック学んでみたり。

…という感じで、
「自分のビジネスに活かす」というマインドを「常に」持つ、
ということです。


普段生活する中で、常に

「これは、ビジネスに活かすとしたら、どうなるのか?」

という問いかけを自分自身にしながら日々、過ごすのです。



こういう思考を持っていると、
「普段の生活」とか「趣味」とか、
一見するとビジネスには全く関係なさそうに思えるものから、
ビジネスのヒントが得られるようになって来ます。





具体例を挙げてみます。(ちょい長めです)


例えば、僕は趣味が「マジック」なのですが、
マジックのテクニックをビジネスに繋げる(活かす)とこんな感じになる、
というのを一つご紹介します。



——————————————————————————

クロースアップマジックにおけるトークのテクニックで、
「前フリ」というのがあるのですが、聞いたことあるでしょうか?

※クロースアップマジックとは、トランプやコインなどを使い、
 近い距離で見せるマジックのこと。



「前フリ」とは、マジシャンの起こす奇跡を強調し、
お客さんに、不思議さ や 凄さ を最大限に感じてもらう為の
テクニックです。



例えば、次のような予言のマジックをするとしましょう。
(ひと組のトランプ と それとは別のトランプ1枚(予言用)を使ったマジック)


【マジックの流れ】

①マジシャンは、予言のトランプ1枚を机の端の方に裏向きのまま置いておく

②ひと組のトランプからお客さんに1枚選んでもらう

③お客さんの選んだトランプを見せてもらう

④予言のトランプを見ると、お客さんのトランプと一致している







では、
このマジックをやった次の2人のマジシャンA、Bのうち、
あなたは、どっちのマジシャンの方がより凄いと感じるでしょうか?







■Aさんのマジック

①、②、③を行う。(お客さんの選んだカードが、ハートの3だったとする)
④の直前に、

「あなたは52枚のトランプの中から、
 たまたまハートの3を選びました。」

 と言ってから、

「それでは私の予言を見てみましょう!
 私の予言も、そう! ハートの3です!」

と、予言のトランプを見せ、一致したことを示す。





■Bさんのマジック

①、②、③を行う。(お客さんの選んだカードが、ハートの3だったとする)
④の直前に、

「あなたは52枚のトランプの中から、たまたまハートの3を選びました。
 もし、あなたが選ぶ際に、あと1秒でも長く悩んでいたら、
 別のカードだったかもしれません。

 選んだカードのすぐ隣を選んでいたら、ダイヤの2、
 もし、こっちだったら、スペードのQ。
 それ以外にも、クラブの8、ハートの10、ダイヤの7など
 色んな可能性があったのです。

 そんな数ある可能性の中から、あなたはあなたの意思で、
 たまたまハートの3を選んだのです。

 また、私の予言は、ずっと皆さんの見える位置に置いてありました。
 すり替えたりするのは、完全に不可能でしたね。

 そんな私の予言も、もし同じくハートの3だったら、奇跡ですよね!?」

 と言ってから、

「さぁ!それでは私の予言を見てみましょう!
 私の予言も、そう! ハートの3です!」

と、予言のトランプを見せ、一致したことを示す。








どうでしょうか?



恐らく殆どの人が
「Bさんの方のが凄い」
という印象を持つはずです。



これが、「前フリ」というテクニックです。


実際は、
Aさんのセリフでも、Bさんのセリフでも、
お客さんは、1/52の確立で予言が当たった、

という事実は理解しているはずです。


それでも、Bさんの方が凄く感じるのです。



それは、予言を見せる前に、お客さんの頭の中で、
『予言のカードもハートの3だったら、凄い』
ということを、はっきりと意識させているからです。


『予言のカードがハートの3 = 奇跡的に凄いこと』

という式をお客さんの頭の中で成り立たせた後に、
予言を見せることで、

マジックの凄さ(不思議さ)が一気にダイレクトに伝わるのです。





「他にも色んな可能性があった」、「もし違う選択をしていたら…」、
というようなことを言ったりすることで、
単なる「1/52の確率」をより凄く感じさせるのです。



このようにしながら、

『予言のカードがハートの3 = 奇跡的に凄いこと』

という式をしっかりと成り立たせる。


こうすることで、マジックを凄さ、不思議さを
最大化することができるのです。




…と、少し長くなりましたが、
これが「前フリ」というテクニックです。







で、この「前フリ」というテクニックを
ビジネスに活かしてみると、…






例えば、
「パソコンのキーボードの掃除用具」
を売ることを考えてみましょう。


そのとき、次のA、B、2つの広告文があったら、
どちらの方がより売れると思いますか?




■Aの広告文

「この商品はあなたのキーボードをピカピカにしてくれます!
 ご購入はこちら→*****」






■Bの広告文


「あなたのキーボードはトイレの便座よりも汚い!?
 
 
 イギリスのある微生物学者の調査によると、
 何の手入れもしていないパソコンのキーボードは、
 トイレの便座の5倍もの不潔なバクテリアがいる可能性がある
 ということが分かりました。

 つまり、何も手入れのしていないパソコンのキーボードを触った後に、
 そのまま食事をするというのは、トイレの便座を触った後に
 食事しているようなものなのです。

 あなたはいつまでそんな不潔なことを続けますか?

 この商品はあなたのキーボードをピカピカにしてくれます!

 ご購入はこちら→*****」




どうでしょうか?
答えは明らかですよね。



これもお客さんの頭の中に、

『キーボードを掃除しない = 超不潔なこと』

という式をしっかり成り立たせた後に、
商品を紹介しているので、

その商品の必要性がダイレクトに伝わるのです。


それでお客さんは、その商品に価値を感じ、
買う訳です。




重要なのは、

『キーボードを掃除しない = 超不潔なこと』
(商品に価値が生まれる為の式)

という式をお客さんの頭の中で成り立たせるということです。



「商品に価値が生まれるような式」を
しっかりお客さんの頭の中で成り立たせてから
商品を紹介することで、圧倒的に売れやすくなるのです。


——————————————————————————




…と、大分長くなりましたが、
「マジックのテクニック」と「ビジネス」を繋げると、
こんな感じになります。


『繋げる思考』

何となくイメージできたでしょうか?


これがビジネス脳の2つ目の思考です。



繋げる思考を持っていれば、
どんなものからでもビジネスのヒントを得られるようになってきます。


「ちょっとオレ(私)には難しいかも…」


と思うかもしれませんが、
やってみると意外と出来るものです。


別に趣味でなくても、
「普段の生活で目にするもの」とか、何でもいいのです。


例えば、
毎日電車に乗るなら、つり革広告とかを見て、
「なんで、こんな広告文にしているのか?」
と考えてみたり、

誰かと会話するなら、
「この人に何か商品を売るとしたら、どんなものが売れるのか?」
と考えてみたり。

と。



このような思考を毎日繰り返しているだけでも、
「繋げる思考」は、かなり鍛えられていきます。


大事なのは、普段から”常に”
「ビジネスに活かすんだ!」っていう意識を持つこと。

そのようなマインドで日々過ごす。







ということで、

ビジネス脳の2つ目の思考は、

『繋げる思考』

です。



何でもかんでも「ビジネス」に繋げて、考えてみる。


そのような思考を毎日繰り返す。

そうすることで、ユニークなアイディアが浮かんできたりして、
あなたしかできないビジネスも出来るようになってきます。



まぁ最初はあまり難しく考えすぎず、
CMとかテレビショッピングの商品をアフィリエイトしてみる、
ということから始めてみても良いですね。


とにかく、
パソコンに向かっている時間以外も
ビジネスの意識を持つ。


普段の生活、全てが
ビジネスに役に立つこと、ということを知りましょう。



実際、僕も普段生活する中から、
結構メルマガのネタとか見つけたりしてますしね。





『繋げる思考』

今日はこの思考をあなたの頭の中に、
しっかりインストールして下さいね。







次回は、ビジネス脳の「3つ目の思考」について、
お話ししていきます。


1つ目の「行動意識」、2つ目の「繋げる思考」、
この2つが重要なのは分かったと思いますが、
毎度のことながら、「3つ目の思考」もめちゃくちゃ重要です。



実際ビジネスで成功している人は、みんなこの思考を持っています。
(そして、成功していない人はこの思考を持っていない人が多すぎる。。)

まぁ詳しくは次回お話しします。





今日のところは、とりあえず、

『繋げる思考』

が大事ってことを理解してもらえればOKです。




それでは今日はこの辺で。

では。







↑↑↑以上、メルマガの1つの例でした。↑↑↑



僕のメルマガでは、
毎回こんな感じでメールを送っています。

完全に無料なので、
興味があればぜひ登録してみて下さいませ。
(解除したい時は、いつでも即座に出来ますので)

登録はこちらからお願いします。
 
 
それでは、ありがとうございました。

次回:「主人公ビジネス」のススメ





ーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、残業地獄のサラリーマンながら、
副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、
紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。

こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、
今はアフィリエイトを本業として活動しています。

今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、
という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、
パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、

「とにかく、やれば誰でもできる」

ということです。

要は「やるかやらないか」の世界だということですね。

もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、
始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、
やったもん勝ちですよ。まじで。

僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語
ーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK85_konoshigotomajiowaranaiOL1292500
  2. img_8
  3. d7f57264352428978f070996f36782a1
  1. Wow! Great thiignnk! JK

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



大内真哉

僕は、残業地獄のサラリーマンながら、副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。


こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、今はアフィリエイトを本業として活動しています。


今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、 という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、 パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、


とにかくやれば稼げる


ということです。


要は「やるかやらないか」の世界だということですね。


もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、やったもん勝ちですよ。まじで。


僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

>>>残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。