きゃりーぱみゅぱみゅは「わがまま」。

この記事は3分で読めます

100%KPP WORLD TOUR 2013 OFFICIAL DOCUMENTARY [DVD]

どうも。
おーうちです。


いきなりですが、あなたは、
「きゃりーぱみゅぱみゅ」って好きですか?

好き嫌いは結構別れると思いますが、
僕は、好きです、きゃりーぱみゅぱみゅ。


なんで好きかって言うと、

別に、見た目が可愛いとかそういう事じゃありません。
そこは全く関係ない。
(いや、ちょっとはあるか…)


僕がきゃりーぱみゅぱみゅの事が好きなのは、

僕の目指している
「世界をHappyにするわがまま」
を体現してる1人だからです。


普段からいつも言ってる事ですが、
僕は「世界をHappyにするわがまま」になりたいと思っています。
し、そういう人間を増やしたいと思っています。

「世界」って言っちゃうと、
なんか無駄にスケール感出てしまいますが、

「自分の好きな事をやって、"まわりの人たち"もHappyにする」
っていう感じだと思って頂ければ大丈夫かと。


で、その「世界をHappyにするわがまま」ってのを体現してる1人、
それが、きゃりーぱみゅぱみゅなわけです。

彼女は、自分が、価値がある(可愛い)と信じてるものを
ライブやミュージックビデオ、ファッションという形で、
まわりの人たちにも分かる形で表現して、
それによって、みんなを楽しませ、世界をHappyにしています。


彼女は別に誰かの意見に合わせるとか、
そういった事をしてるわけでなく、
自分の信じるものを思うがままに発表していますよね。

とにかく、好きな事をやってる。


「わがまま」です。


わがままですが、ファンの人たちも、
そんな、楽しそうに自分を表現している彼女を見るのが好きなのです。

彼女のわがままによって、
確実に世界はHappyになっている。


僕は、そんな世界をHappyにする
きゃりーぱみゅぱみゅが、好きなんです。
顔が可愛いとか、そういうのは、ほんのちょっとしか関係ない。






で、僕らもこれから、
「世界をHappyにするわがまま」を目指して歩いていくわけですが。

(別に、芸能人になりましょう、とか言ってるわけではなく。
自分の信じること・ものを、頭の中にしまっておかず、
ちゃんと現実の世界に出し、それを他人に伝えて、
それによってまわりの人たちを幸せにしましょう、ということ)


そういう人間になる為に、
僕らがすべき事は何か。


「ビジネス」を学ぶ事です。


なぜなら、ビジネスの力を付けること、
それは「価値を正しく伝える力」を養う事とイコールだからです。

「わがまま」と「世界をHappyにする」
この2つを両立させるには、「価値を正しく伝える力」は必要不可欠です。


だって、自分では、
どんなに素晴らしいと思っていること(趣味とか)があっても、
それを相手に分かってもらえなかったら、何にもなんないじゃないですか。

自分の趣味とかを分かってもらえなかったら、
なんか悲しいし。

でも逆に、相手にその価値を正しく受け取ってもらえたら、
相手の世界も広がるし、こっちとしても仲間が増えて嬉しいし。

自分も、相手も、嬉しい。


だから、「価値を正しく伝える力」は養うべきなんです。



もちろん自分1人で楽しめればそれで良い、というのなら、
それはそれで否定はしませんが、
でもそんな孤独な人生絶対に楽しくないですよ。



まわりの人たちにも、
自分が、価値があると信じているもの・こと(趣味とか)の魅力を
ちゃんと知ってもらって、自分の趣味に他人を巻き込む。

それで、結果的に彼らもHappyになれば、
そっちの方が絶対に良いじゃないですか。



その為には、
価値を正しく伝える為のコミュニケーション力
が必要なんです。



ビジネスの力を付ければ、
そのコミュニケーション力が自然と身に付きます。

なぜなら、
ビジネスの原理は、「価値と価値の交換」だから。

価値を正しく伝える事ができるからこそ、
価値と価値の交換が生まれる。


だから、
ビジネスを学ぶ事は、
そのままコミュニケーション力を鍛える事になるんです。


ビジネスを学ぶ意味はそこにあります。



もちろん、結果として、
お金が稼げたりもしますが、それはあくまで副産物。

大事なのは、あくまで、
自分が、価値があると信じるもの・ことを
相手に正しく伝える、という事。


「オレはこれが好き!
だからみんな一緒にやろうよ!」

って感じで、他人を巻き込みながら「わがまま」に生きていく。

そして、巻き込まれた人たちも幸せになっていく。


そんな世界をHappyにするわがままになりましょう。


その為にも、これからも、
しっかり「ビジネス」を学んでいきましょう。



ということで今日はこの辺で。
では。


次回:だっていつも女性の裸の事を考えているから





ーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、残業地獄のサラリーマンながら、
副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、
紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。

こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、
今はアフィリエイトを本業として活動しています。

今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、
という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、
パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、

「とにかく、やれば誰でもできる」

ということです。

要は「やるかやらないか」の世界だということですね。

もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、
始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、
やったもん勝ちですよ。まじで。

僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語
ーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ancc_img
  2. PAK85_konoshigotomajiowaranaiOL1292500
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



大内真哉

僕は、残業地獄のサラリーマンながら、副業(アフィリエイト)で月収120万円を達成しました。

※アフィリエイトとは、インターネット広告のこと。
例えば、自分のブログに広告を貼って、そこからものが売れたら、紹介手数料(アフィリエイト報酬)がもらえる。
というやつ。


こないだ、ようやく、会社を辞める決心をし、今はアフィリエイトを本業として活動しています。


今では僕も色んな方に「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教える、 という立場になりましたが、やっぱりそういう経験からも思うのは、 パソコン音痴だろうが、学歴がなかろうが、アナログ人間だろうが、


とにかくやれば稼げる


ということです。


要は「やるかやらないか」の世界だということですね。


もちろん、こういう世界って、めちゃくちゃ怪しいんで、始めることすらしない人が多いんですが、

逆に言えば、そういう世界だからこそ、やったもん勝ちですよ。まじで。


僕が、知識ゼロから月収120万円達成するまでの
ストーリーは下記の記事で公開しています。

>>>残業地獄のサラリーマンが副業で月120万稼ぐまでの物語




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。